TheStadiumChange The Game

ProSTA

ProSTAINFORMATION

2020年2月12日 22:26UPDATE
マネジメント

大野忍 引退会見を行いました

大野忍 引退会見

サッカー元女子日本代表FW大野忍(36)が2020年2月12日、都内で引退会見を行いました。

会見で心境を語る

すでに引退は2月5日に発表しておりましたが、この日は、初めて心境を自身で語る席でした。「なでしこジャパン」や「なでしこリーグ」で取材をしてくださった記者の皆さん30名以上が大野のために駆けつけてくださり、「こんなところに座るなんて考えていませんでした」と、照れていました。

大野らしい、温かな引退会見

約1時間、大野らしい、明るく、楽しく、温かな引退会見を無事にとり行いました。出席して下さった皆さん、大野の競技生活を長く、様々な場面で支えて下さった指導者、クラブ関係者、協会の皆様、ファンの皆様、本当にありがとうございました。今後とも大野をどうぞよろしくお引き立てください。
(写真は中央:大野忍、左:フリーアナウンサー日比野真理様、右:東京スポーツ新聞社 運動部次長 瀬谷宏様)

大野 忍(おおの しのぶ)

生年月日
1984年1月23日生まれ 神奈川県座間市出身
経歴

日本代表の「なでしこジャパン」で通算139試合に出場し40得点を挙げ、ワールドカップには3回出場し、このうち2011年のドイツ大会では全試合に先発出場して初優勝に貢献した。翌年のロンドン五輪でも銀メダルを獲得したほか、2015年のワールドカップカナダ大会でも準優勝している。
156センチの小柄ながら国内リーグでは1999年15歳でデビュー以来、日テレ・ベレーザなどに所属し、21年の現役生活で歴代2位の通算319試合に出場し、歴代最多の182得点を挙げた。

↓大野忍選手へのご依頼・お問い合わせはこちら↓